治療の流れ


インプラントの治療と言えば、長い時間が掛かる・・・と思われていませんか?
わたくしども竹芝サウスタワー歯科では、日本人の体質と親和性が高く、治療期間も短くできる
インプラントシステムを提供することで、標準的には3~6ヶ月ほど掛かるインプラントの治療を
1~2ヶ月程度で済ませております。
※患者さまの体質に合わせたシステムをご提案しますので、必ずしも短期間での治療を保証するものではありません

治療 その1 流れ その1.検査と診断

インプラント治療 その1まず初めに、歯周病や虫歯も含めたお口の中全体の検査を行います。インプラントの治療にあたり、デジタルレントゲンによる撮影、歯周病や咬み合せなどの状態など、詳しく検査します。顎の状態以外にも検査が必要なのは、隣の歯や噛み合う側の歯が無くなってしまうと、インプラントの治療をする意味が無くなってしまうからです。従って、お口の中全体の問題点や、治療に必要な箇所の特定が必要になってくるのです。その上でどのようなインプラントシステムが適切かを判断します。

治療 その1 流れ その2.CTスキャンを使った精密検査

インプラント治療 その2顎の状態や、咬み合せなどの状態によっては、より詳しく調べないとならない場合もあります。インプラントの治療をより適切に行うために、必要に応じてCTスキャンを使った精密検査を行います。

治療 その3 流れ その3.インフォームドコンセント

インプラント治療 その3ここまでの検査結果に基づき、患者さまに治療計画をご説明致します。インプラントの治療方法(術式、費用、リスクなど)を十分ご理解頂き、同意してから治療に進めるよう配慮しております。

治療 その4 流れ その4.一次手術

インプラント治療 その4骨内にインプラントを埋め込み、歯肉で完全に封鎖します。インプラントの治療は一般の歯科治療とは異なり、清潔なところ(顎の骨の中)に清潔なもの(インプラント)を埋め込む手術です。手術中の感染を避けるためには、完全に滅菌された環境で行う必要があります。

治療 その5 流れ その5.治癒期間

インプラント治療 その5標準的な骨質の場合、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月の治癒期間を挟むことにより、オッセオインテグレーション(インプラントと骨が結合)します。
また骨移植を行った場合は、6ヶ月以上の治癒期間を挟むこともあります。

治療 その6 流れ その6.二次手術

インプラント治療 その6治癒期間の終了後、オッセオインテグレーション(インプラントと骨が結合)を確認した後、歯肉を貫通したアバットメント(土台)を取り付ける手術を行います。

治療 その7 流れ その7.上部構造の製作

インプラント治療 その7アバットメント(土台)を取り付けた歯肉が安定したら、インプラントの上部構造である補綴物を製作するための印象(型)を取ります。製作途中の段階で、形や色を確認した後、固定します。
固定方法には「ねじ止め」と「セメント仮着式」の2通りがあります。患者さまごとに、より適した方法を選択します。

治療 その8 流れ その8.メンテナンス

インプラント治療 その8お入れしたインプラントを少しでも長く、快適にお使い頂くために、4ヶ月毎の定期健診をお勧めしております。インプラント本体のみでなく残っている歯の状態管理も、インプラントを長持ちさせるためには重要なことです。インプラント自体は虫歯になりませんが、歯周病のような症状を呈するケースもありますので、インプラントを含めたお口の中全体のメンテナンスが望ましいでしょう。また、天然歯は長期的にみると少しずつ位置が変化しますが、インプラントの方は動かないため、咬み合せが変化してゆく可能性があります。メンテナンス時に咬み合せの確認や調整も行います。




インプラントの治療に関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください

無料お問い合わせフォーム

東京都港区海岸1-16-1
ニューピア竹芝サウスタワー4F
Tel:03-6402-1180

Copyright(c) TAKESHIBA SOUTHTOWER DENTAL OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.