無痛インプラントとは?


無痛でインプラント 5つのポイント

インプラントを入れる手術で無痛は難しい・・・そう思われてはいませんか?
インプラントを歯肉に埋め込む手術は、その黎明期に於いて患者さまに精神的にも肉体的にも大きな負担を掛けてきたのは事実であり、「無痛の手術は難しい」と考えられる方がおられるのも無理なきことかもしれません。
しかしながら近年、インプラントを含む歯科医療全般に於ける無痛技術は格段に進歩してきており、竹芝サウスタワー歯科が標準的に提供するインプラントの治療法でも、ほぼ無痛に近い施術が可能となっております。
また患者さまの選択による方法ではありますが、静脈内鎮静法を用いれば「うたた寝気分」の内にインプラントの手術が終わってしまう、完全な、そして安全な無痛治療も提供しております。

わたくしどもでは、先進の治療を希望する患者さまに、無痛を実現する5つの治療法でお応えしております。

無痛 その1 ポイントの1.『表面麻酔』

無痛でインプラントを実現 その1

無痛インプラント治療を実現する方法、その1は『表面麻酔』です。
局所麻酔を行う際に、薬液を注入する場所の粘膜にゼリー状の薬剤を塗布し、感覚を鈍化させる方法です。塗るだけなので、当然痛みは無く、薬液の注入時の痛みを和らげます。インプラントに限らない、無痛の基本です。


無痛 その2 ポイントの2.『温度管理』

無痛でインプラントを実現 その2

無痛インプラント治療を実現する方法、その2は『温度管理』です。
通常、麻酔薬は使用するときまで冷蔵庫で保管しています。この薬液が冷たいままだと、注入時に体の方が敏感に反応し、痛みを感じます。当院でインプラントの手術を行う際は、人の体温に近い37℃にまで薬液を温めてから注入するよう配慮しています。インプラントの無痛手術には効果的ですが、存外見過ごされやすい方法です。


無痛 その3 ポイントの3.『局所麻酔』

無痛でインプラントを実現 その3

無痛インプラント治療を実現する方法、その3は『局所麻酔』です。
痛みを感じる痛点は人の体に満遍なくあるわけではなく、多い場所少ない場所がそれぞれあります。お口の中もそれは一緒。やはり、痛みを感じやすい部分とそうでない場所があります。

薬液の注入はこの痛点が少ない、無痛に近い場所を選ぶことで、より痛みの少ない注入を行うことが可能です。

一気に薬液を注入すると、歯肉に対して強い圧力が加えられ、歯肉と歯をつなぐ骨膜という組織がはがれてしまいます。この時、圧迫されるような痛みを感じてしまい、続くインプラントの手術が辛いものになりかねません。。

当院では電動注射器を使い、ゆっくり、かつ一定の速度で薬液を注入するよう心掛けることで、注入時の痛みを無痛に近づけるよう配慮しています。

インプラントの手術に限らず、幅広く使われている無痛治療の基本とも言える方法です。


無痛 その4 ポイントの4.『笑気吸入鎮静法』

無痛でインプラントを実現 その4

無痛インプラント治療を実現する方法、その4は『笑気吸入鎮静法』です。
お酒を飲んだときのほろ酔い気分にも似た状況をもたらす笑気吸入鎮静法は、インプラントの手術には最適であり、患者さまが持たれる恐怖心や不快感といった精神的ストレスを和らげ、局所麻酔などの疼痛刺激に対しても軽度に抑える効果が見込めます。

お酒が苦手な方にとっては相性の悪い一面もありますが、インプラントの無痛治療には効果的な方法です。


無痛 その5 ポイントの5.『静脈内鎮静法』

無痛でインプラントを実現 その5

無痛インプラント治療を実現する方法、その5は『静脈内鎮静法』です。
インプラントの手術に於いて、完全な無痛を実現する方法がこの静脈内鎮静法です。

インプラント手術の開始後、腕の静脈から点滴を入れ、薬液をゆっくり注入し、半睡眠の無痛状態に導く方法ですが、全身麻酔ではありません。入院の必要もなく、インプラントの手術後に少しの時間だけ休憩されれば、そのままお帰りいただけます。また薬液自体に「健忘作用」があるため、インプラントの手術中のことをほとんど覚えておらず、無痛での手術が可能となります。

内科医療では、苦痛を伴う胃カメラでこの静脈内鎮静法を取り入れる病院が広く普及していますが、インプラントを含む歯科医療で無痛を実現するこの静脈内鎮静法を使うことは極めて稀であるため、実施できる医院は限られます。

当院では、提携の大学病院で全身麻酔も行っている日本歯科麻酔学会認定医の資格を有する麻酔専門医が特に担当し、全身をモニタリングしながら安全に静脈内鎮静法を実施、インプラントの無痛治療を実現しております。


インプラントの無痛治療に於ける静脈内鎮静法のメリットは以下のようなものです。

  • 落ち着いた気分が得られるため、手術中の不快感や不安が感じられにくくなります
  • インプラントの手術中は無痛であり、健忘作用により記憶も残りません
  • 「もう終わったの?」と感じるくらいに、時間が短く感じられます
  • 全身をモニタリングしながらの手術なので、体調の変化に迅速な対応ができます
  • 気分が落ち着いた状態となり、血圧や心拍数も安定しますので、高血圧の患者さまでも安心です




インプラントの無痛治療に関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください

無料お問い合わせフォーム

東京都港区海岸1-16-1
ニューピア竹芝サウスタワー4F
Tel:03-6402-1180

Copyright(c) TAKESHIBA SOUTHTOWER DENTAL OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.